スマホで自分の車を売買できちゃう?Ancarのヒミツ

皆さんは普段「フリマアプリ」を活用していますか?

最近はメルカリやクリーマ、フリル等のフリマアプリが急成長を迎えています。

手持ちのスマホで写真を撮り、値段をつけて出品するだけ…という簡単な物が多く、今は色んな年代の人がフリマアプリを利用しています。

このように個人間で売買を行うことをCtoCと言い、一昔前はYahoo!オークションが話題になりましたね。

しかしYahoo!オークションはあれこれ手数料がかかってしまい、更に手間もかかる…ということで、段々と人が離れてしまったのが現状です。

今は明確に利益が出ると見込んだ人や業者ばかりが出品しており、かつて溢れていたネタ出品などはほとんど見られません。

Yahoo!オークションは主にPCを持っている人が利用しており、今もそれは変化していません。

しかし現在スマホが普及し、PCを持たない人が多くなってきました。

そうなるとやはり、手軽に個人間売買を行えるフリマアプリに人気が出るのは仕方ないことなのかもしれません。

フリマアプリにはいくつか特徴がありますが、そのうちの一つに「売買が成立しない限りは料金が発生しない」ということが挙げられます。

そのため利用者は手軽に商品を見て回ることができます。

買い物をすると言うよりも、ぶらぶらとお店を見て回り、気になる物や安くなっている物があれば買おう♪というスタイルの人が多いです。

スマホの強みは「手軽さ」です。メールを見るように、新聞を流し読みするように、買う買わないは別としてヒマつぶしに商品を眺めることができるのです。

もちろん商品を買うだけでなく、出品者に質問をすることもできます。中には値引きを受け入れてくれる出品者もいるようなので、気になる商品があったら積極的に出品者に話しかけてみるのもいいですね。

実際、コメントをするハードルはYahoo!オークションに比べて低く、色々な人が気軽にコメントをしているようです。

気軽とは言っても、最低限のマナーは守ってコメントを行うようにするのが良いでしょう。いきなりため口で話しかけたり、値引きを強要するのはNGです。

色々な人がコメントをするようになると、アプリが賑わう反面、どうしてもそのような不躾なコメントも増えてきてしまいます。

自分はそのようなマナーの悪い人物にならないよう、気を付けながら利用するようにしたいですね。

中には自動車のような高額な商品が出品されていることもあります。

これはさすがに衝動買い…とはいかないかもしれませんが、中には思わぬレア出品がされているケースもあるようです。

そうなると、つい隙間時間に自然とチェックをしてしまいますよね。

しかし、フリマアプリは「オークション」ではなく、あくまでも「フリーマーケット」です。

そのため、何か月も前の出品が売れずにそのまま残ってしまっている場合があります。その場合、商品に変化があるのではと少し不安になってしまいますね。

その場合はしっかりともう一度出品者に確認を取るのが良いでしょう。

フリマアプリやAncarの共通点として、その支払い方法が挙げられます。

基本的にこのようなアプリで売買を行う場合、代金は全てサービスを通して支払います。
その流れは以下のようになっています。

・買い手がサービス運営会社に代金を支払う
・サービス運営会社はその代金をいったんプールしておく
・売り手から買い手に商品を送る
・お互いの同意確認後、代金が支払われる

このような仕組みになっている理由は、簡単に言うと、トラブルを回避するためです。
第三者との売買で一番問題になりやすいのがこの支払問題ですので、その信頼性を仲介業者が担保する仕組みが必須となります。

そして、その受け取りシステムについては、フリマアプリとAncarでは差があります。

通常のフリマアプリですと、自動車の出品はメインではありません。そのため、自動車の郵送手段についてのサポートはほぼされていません。

しかしAncarは自動車売買専門サービスとなっているため、輸送に関するサポートは万全です。

次に、商品情報の信頼性について比較してみましょう。

フリマアプリでは、出品物に関する情報はあくまでも「自己申告」であるため、どうしても出品者によって差が出てしまいます。

出品者は商品を売りたくて出品しているので、なるべく出したくない情報は隠されてしまうかもしれません。
中には車の実際の写真を掲載せず、カタログなどの写真を掲載しているような出品もいくつか見かけます。

しかしAncarの場合は、公正で安全な取引を行なうために書類確認などを経て出品されているため、その点ではAncarの方が信頼性は高いと言えます。

また、購入権当社が点検依頼を希望することもできるため、情報の確度・新鮮度がより高いものとなっています。

売れた自動車は、Ancarが輸送や名義変更を代行してくれるため、売り手にとってもメリットがありますね、

しかし、最初にも述べた通り、フリマアプリの最大の良さは「手軽さ」です。

スマホ一台あれば出品できてしまうのはやはり魅力的です。Ancarは手堅さはありますが、やはりその分手間がかかってしまいます。

出品の手軽さを優先させるか、サポートや情報の手堅さを取るか…ここは完全に個人の好みで分かれるところです。

改造車や査定がつかないような自動車であればフリマアプリ、状態の良い車を高い値段で売りたい場合はAncarを利用するなど、使い分けが重要となってきますね。

中古車買い取り専門店とAncar、車を売るならどっちがお得?

もしあなたが車を売りたいと思った時、一番気になるのはその売値ですよね。
どうせなら、少しでも高い値段で買ってくれるところを選びたいものです。

しかし、実際どれくらいの値段で売れるのか調べたいと思っても、年式や走行距離や車の状態などによって価格はまちまちです。
同じ車であっても、その状態によって何十万と査定額が変わってきてしまう場合もあります。

また、中古車の店頭販売価格は、仕入れ額に整備額などの様々なコストを上乗せした価格となっています。

そのため、店頭販売価格のまま買い取ってもらえると思ってはいけません。実際はかなりの開きがありますので注意が必要です。

ネットオークション等で見る価格も同様です。あれは出品者の買い取り希望額であるため、実際相場としてはアテにはならないでしょう。

ではどのようにして適正な買い取り価格を確認することができるのでしょうか?
一般的な手段としては、中古車買取専門店に査定をしてもらうというのがあります。

しかし、一つのお店だけでなく複数のお店で査定としてもらう場合、かなりの時間と手間が必要になります。

そして当然ですが、お店によってかなり査定に差があったり、駆け引きが必要になる場合があります。そのため、この方法でも適正価格をはっきり知るのは難しいと言えます。
また、一度査定をしてしまうと、かなりの頻度で営業の電話がかかってきてしまうこともありますので注意して下さい。

Ancarでは、サイト上に車の情報入力欄があり、車種やメーカー、走行距離などを入力すると大体の相場を確認することができます。

全てサイト上で済んでしまうので、電話で面倒くさいやり取りをする必用はありません。
勿論お金もかからず、無料で調べることができます。

実際の見積もり結果ですが、買い取り専門店と金額の差が出てしまうことがやはり多いです。

理由としては、買い取り専門店の場合は中古車オークションに出す値段が基準になるのに対し、個人間売買の場合は買い手にそのまま販売する金額が基準となるためです。

業者向けに販売する場合は流通の際にかかるコストが上乗せされるため、買い取り専門店の方が安く見積もられてしまうのです。
最近ではオークションを介さない販売方法も増えていますが、それでも個人間売買と比較すると間に第三者が入っていることには変わりがありません。

しかも、結局はあまり在庫を持つと経費がかかるため、最終的には業者向け中古車オークションに流すのが前提となっています。

ここで個人間売買のAncarの場合を見てみましょう。

Ancarでは、買い手が現れなかった場合は出品者が希望すればAncar自身に買い取ってもらう事が可能となっています。

その場合の査定額は買い取り専門店で買い取って貰う場合と同じとなってしまいますが、手間をかけずにそのまま買い取って貰えるという点ではやはりお得と言えます。

皆さんは買い取り専門店での査定を行ったことがあるでしょうか?

査定方法は、店頭もしくは出張査定の二種類を選択することができます。

所要時間はおよそ10分程度で、その場ですぐに査定額を算出してもらうことができます。
その際に基準となるのは、やはり本体についた傷などです。あまりにも目立つ場合はマイナスとなりますが、オプション等が付いていればその分プラスとなります。

その金額に納得さえできればすぐに買い取ってもらえるため、急いで車を売りたいという方は買い取り専門店を利用するのをオススメします。

個人間売買のAncarの場合は、まずは買い手を探さなくてはなりません。
まずサイト上に値段を付けて出品し、購入希望者を探すことになります。

出品参考価格はAncarから提示されますが、あくまでも最終決定は売り手が行うことになります。

買取専門店に比べて時間はかかってしまいますが、それでも自分が納得する金額で売りたいという方は、個人間売買を利用するのがオススメです。

上でも述べたように、最終的に買い手がつかなかった場合でもAncarに買い取ってもらうことができます。

勿論買い手がつけばそのままスムーズに取引ができますし、途中で売却を取りやめることも可能です。

自分がずっと乗ってきた車ですから、少しでも高く買い取って欲しいのは皆さん同じですよね。

買い取り専門店と個人間売買、それぞれのメリットがありますので、自分が何を優先するのかをしっかりと考えた上で、どちらかを選択するようにしましょう。

Ancarを利用する場合は、計画的に少し早めに出品し、もし売れなければそのままAncarに買い取ってもらうという形がいいかもしれませんね。

Follow me!